2018年 4月

2018年度が始まり、高齢化が最高となるまで7年前になりました。
じわじわと社会保障費の負担が多くなっています。
病気や障害が多いと経済的にも大変となってきます。

いかに元気(活動)を維持・向上させるかは
自分も、家族も、日本も、喜ぶことになります。

元気を続けるために
今日何をするか、明日何をするかを
一緒に考えていきたいですね。

私はとりあえず毎日足におもりをつけて
朝2時間程は仕事してみようかと思います。
来年の今日も元気でいるために・・・・・。

**************************************************
今までもこれからも皆様の
 身体とこころの安心をお届けすることが私たちの願いです

愛のき訪問看護ステーション
愛の家 (デイサービス)
愛のき (福祉用具)
**************************************************

出会いと別れの季節。
4月から心機一転、
転職、新しい職場で働くという方も多いと思います。

環境が変わるという方もいると思いますが、
うまく適応できなかったら
憂鬱な気分になってしまうことが
五月病なのです。

ちょうどゴールデンウイークを過ぎた頃に
発症するケースが多いことから
五月病と呼ばれています。

「放っておけば治る」と楽観視する人もいますが、
五月病をこじらせると、うつ状態になり、
会社、学校に行けないこともあります。

「もしかして五月病かも」と思ったら、
ストレスを溜めない
張り切りすぎない
を実践することが大切です。

具体的には
「残業をしない」
「早寝・早起きを実践する」
「バランスのいい食事をとる」
などです。
調子が出ないのであれば
自分に負荷をかけないということが大切です。

それでも回復しなければ
病院へ行きましょう。
専門医のアドバイスを受けることが大切です。

症状が悪化しないよう
受診をおすすめします。

**************************************************
今までもこれからも皆様の
 身体とこころの安心をお届けすることが私たちの願いです

愛のき訪問看護ステーション
愛の家 (デイサービス)
愛のき (福祉用具)
**************************************************

厳しかった冬も終わり、ようやく暖かい季節になってきました。
この時期は利用者様を屋外にお連れする機会が多くなります。
いつもは外に出たがらない利用者様も、
「桜を見に行きませんか」
の一言で快く一緒に外に出ていただけます。
もちろん利用者様から「外に行きたい」と言われることもあります。
訪問専門で働くようになってから、四季を感じながら開放的に仕事ができるので、少し得した気分になります。
今年は例年より早く桜が咲きました。
少し前になりますが、利用者様と一緒に眺めた桜です。皆様にも是非(^^)

今日一日『看護師であった』
そう言える仕事がひとつでもあるように・・・。
私の初心です。

私たちは時に利用者さんと家事をしたり、
友人の様に語り合うことも沢山あります。

その在り方はマラソンのペースメーカー。
私たちが先導するのではなく、
ご利用者様ご自身が歩みやすい路を作っていく。
そんな感覚です。

誰もが出来そうな事を看護師の知識と判断、
配慮を持ってお手伝いする。
私はちゃんと看護師を全うできたか。
日々振り返ることを大切にしています。

四月ですね!
新年度スタートです。
初心を忘れず、今日もいってきますっ!

**************************************************
今までもこれからも皆様の
 身体とこころの安心をお届けすることが私たちの願いです

愛のき訪問看護ステーション
愛の家 (デイサービス)
愛のき (福祉用具)
**************************************************