毎日の日課

我が家には今一歳の子供がいるのですが、毎日ご飯を食べるお手伝いをするのが私(父)の日課になっています。

ご飯を食べているところを見ていると、口の中にため込んでいないか、ちゃんとごっくんしたか、食事は柔らかく作ってあるのか、などなど気にしてしまう事が多く特に食事に関して神経質になっています。

というのも職場では言語聴覚士というリハビリ職に就いており、食事介助を行わさせて頂く事があるため自分の子供にもついつい仕事と同じ視線で食事を行ってしまうのです。

子供であっても大人であっても食事を行うにあたり気をつけなければならない事が多く、仕事が終わった後も子供の食事を手伝うとリハビリをしている気持ちになるため家の中でも気を張ってしまいます。

仕事で活用できる知識も通用しないことが沢山あり、自由奔放にご飯を食べる子供に四苦八苦しながら毎日の日課をこなしています。
**************************************************
今までもこれからも皆様の
 身体とこころの安心をお届けすることが私たちの願いです

愛のき訪問看護ステーション
愛の家 (デイサービス)
愛のき (福祉用具)
愛のきケアプランセンター(居宅介護支援事業所)
**************************************************