我が家のかっちゃん

私が小学校6年生の頃、母方の愛知県の親類宅にお邪魔した時に500円玉位の大きさの銭亀を頂いた。今までにも夜店で買ったミドリガメを2匹ほど死なせているので、私は「いらない」と拒絶していたのだが、大阪の家に帰宅すると銭亀を貰ってきていた。一緒にいた4歳の妹が駄々をこねて貰ってきたのだなと、近年まで勝手に思っていて、妹に確認すると、「おかん」が貰ってきたことが、最近判明した。いたずら盛りの私は亀の水替えを行う際に、時々二層式洗濯機にカメを入れスイッチON、カメは一生懸命に泳ぎ沈むまいと必死。運動不足の解消にはなっていたと思う。なにが良かったのかは分からないがその銭亀は未だに生存。41年生きている。私の心配事は我が家の銭亀の「かっちゃん」と私とどちらが長生きするのかだ!

私が先ならだれか「かっちゃん」の介護をお願いします。