季節感

人の人生は長くても100年。 そんな限られた時間の中で、自身の歩んだ季節を体感し、各人がそれぞれの季節感を持っている。 私の幼い頃の夏の風景は、夏休みは蝉の鳴き声で起こされ、学校までラジオ体操に無理矢理行かされ、それから朝御飯、朝御飯を食べたら帽子をかぶり虫取りに網を持って出かけて行った。近所の幼馴染と連れ立って色々な遊びに講じていた。とにかく楽しかった。 小学生の高学年になると、光化学スモッグ注意報が発令され、運動場で遊ぶ事ができない日があるようになった。日本の高度成長期、真っ只中、公害問題が報じられる事が当たり前だった。丁度今の中国と同じかな? 昔の人から思えば、自分たちの幼少期と比べた時、違和感が有ったんだろうなぁ?と想像できる。 これからの人たちの季節感ってどうなっていくのか、昔の人と同じ思いを抱いてしまう。

**************************************************

今までもこれからも皆様の  

身体とこころの安心をお届けすることが私たちの願いです

愛のき訪問看護ステーション

愛の家 (デイサービス)

愛のき (福祉用具)

愛のきケアプランセンター(居宅介護支援事業所) **************************************************