湿邪

6月になりました。梅雨がやってきます。

梅雨時期にはいやぁな湿気が多くなります。

外気同様体内にも影響されます。

その為不調を感じやすくなるのです。

体内への悪影響を及ぼす湿気を東洋医学では「湿邪」と呼びます。

湿邪には「外湿」と「内湿」の二種がありそれぞれに症状があるのです。

湿度が高くなると体内の水分が外に出しにくくなり浮腫み、だるさ、

皮膚トラブルへと繋がる外湿。

そこから食欲不振になり胃腸症状の不調から内蔵機能も低下につながる内湿。

これらを予防し梅雨を元気に過ごすためには!

適度な運動で汗を流しバランスの良い食事をとる事です。

当たり前の事ですがこの時期は改めて気をつけましょう。

無理なダイエットは不要ですよ。