「花火」

夏の風物詩として、一番の楽しみでしたが、コロナ以後、各地で中止となりましたね

でも、やっと今年から、最寄で開催されるようになりました

残念ながら神戸の花火大会は今年も中止となりましたが…

7/22は芦屋花火が上がり、内緒の穴場にて楽しむことができました

今週末には、淀川花火と、伊丹の花火があります!

伊丹の花火大会は、コロナまで、4年続けて出掛けていました

もともと、花火といえば

元来、慰霊や疫病退散が目的の行事だったとされています。 

一説によると、花火はお盆に行われる送り火、迎え火の一種ともいわれており、

ご先祖の霊を送り迎えする意図があったようです。 

お盆の時期に花火を打ち上げて霊を慰めていたのが、いつの間にか皆で楽しむイベントになったとか。

故人を偲び、今ある幸せに感謝しながら、花火を眺めたいと思います皆様にとって、

素敵な夏の思い出の時間になります様に…


今までもこれからも皆様の

身体とこころの安心をお届けすることが私たちの願いです

愛のき訪問看護ステーション(訪問看護)

愛の家 (デイサービス)

愛のきケアプランセンター(居宅介護支援事業所)


前の記事

『精霊流し』